Google AdSenseは設置場所と同じ名前の広告ユニットを作成しよう!どの場所が収益あるか分析できるよ。

Google AdSense広告ユニット
スポンサードリンク

こんにちは!! てっち(@simplelike0112)です。

ブログにGoogle AdSense広告を設置するときに設置場所ごとに名前を変えましょう。

僕も以前は広告サイズでしか名前を変えていませんでした。

その場合、「パフォーマンスレポート」の「広告ユニット」で収益を確認するときに、どの位置の広告が多くクリックされているのかが分かりません。

そこで、Google AdSenseの広告を全て、場所ごとに名前を変えて設置し直すことにしました。

今回の記事は、Google AdSense広告名を設置場所ごとに変えたお話をします。

 

Google AdSenseの「広告ユニット」を見てみよう

まずはGoogle AdSenseのサイドバーの「パフォーマンスレポート」を選択→「広告ユニット」を選択しましょう。

すると、ブログに設置している広告ごとの収益が表示されますよ。

僕の場合、3つの広告ユニットがあり、ブログ名と広告サイズで名前を付けています。

①はレスポンシブ広告で、一番収益が多いのですが設置数も一番多くなっています。

これだと、どの場所のレスポンシブ広告が一番クリックされているのか分かりませんね。

そこで、すべての広告に設置場所の名前を付けて管理しようと思います。

どの広告がクリックされていて、どの広告がクリックされていないのかハッキリと分かるようにしてみましょう(^^)/

Google AdSence
スポンサードリンク
 

広告ユニットを作成しよう

Google AdSenseのサイドバーの「広告の設定」を選択→「広告ユニット」を選択しましょう。

今までに作った広告ユニットが一覧表示されますよ。

「新しい広告ユニット」をクリックしましょう。

Google AdSence

 

作成する広告の種類を選択しましょう。「テキスト広告とディスプレイ広告」をクリックします。

Google AdSence

 

広告の作成画面が出てきます。

ここがポイント!名前に広告の設置場所と広告サイズを入力しましょう。

名前はパフォーマンスレポートを見たときにすぐにどの広告か分かるように付けるのがベストでしょう。

4つの入力例を書いていますので参考に!

僕は運営しているブログが1つなのと、スマホビューとパソコンビューで広告を変えているので、3番にしています。

2つ以上ブログを運営している方は4番か5番がいいと思います。

名前入力の例

  1. 設置場所
  2. 設置場所␣広告サイズ
  3. 設置場所␣広告サイズ␣スマホかPCか
  4. ブログ名␣設置場所␣広告サイズ
  5. ブログ名␣設置場所␣広告サイズ␣スマホかPCか

␣は半角スペースです。

Google AdSence

 

これで、広告ユニットが作成されました。

広告コードに設置場所の名前が入っていますね!分かりやすいです。

Google AdSence

 

新しく広告ユニットが追加されていますよ~。

この調子で、Google AdSenseの全設置場所の名前を付けた広告ユニットを作成しましょう!!

Google AdSence

僕が作成した広告ユニットを紹介します

作成した広告ユニットは全部で13個です。

作成した広告ユニット

  1. 記事タイトル下 レスポンシブ SP
  2. 記事タイトル下 レスポンシブ PC
  3. 記事コンテンツ下 レスポンシブ SP
  4. 記事コンテンツ下 レクタングル(大)336×280左 PC
  5. 記事コンテンツ下 レクタングル(大)336×280右 PC
  6. 記事内3番目の見出し手前 レスポンシブ
  7. 記事内5番目の見出し手前 レスポンシブ
  8. このライターの最新記事下 レスポンシブ SP
  9. サイドバー最近の投稿下 ラージスカイスクレイパー PC
  10. トップページ上 レスポンシブ SP
  11. トップページ上 レスポンシブ PC
  12. トップページ下 レクタングル(大)336×280左 PC
  13. トップページ下 レクタングル(大)336×280右 PC

SPはスマホビューのときの広告、PCはパソコンビューのときの広告です。

記事下コンテンツ下とサイドバーはSPとPCで表示される広告を変えています。

てっち
広告ユニットを設置場所ごとの名前にすると、何個広告ユニットを設置してるか理解しやすくなりました。今まで、いかに適当に設置していたか分かった気がする!

記事内ではスマホビューのときに広告ユニットは5個表示され、パソコンビューのときには6個表示されます。

トップページではスマホビューのときに広告ユニットは2個表示され、パソコンビューのときには4個表示されます。

「広告ユニット数が3つまで」という上限が撤廃されたGoogle AdSenseですが、少し広告の数が多いような気がします。

まずは、作成した広告ユニットを所定の場所に設置して、クリック数が少なく不要だと思われる広告ユニットは取り外していこうと思います。

では、さっそく作成した広告ユニットを順番に設置していきましょう!!

スポンサードリンク
 

広告ユニットを設置しよう

僕はブログ作成にWordPressを使っています。テーマは「STORK」です。

「記事内3番目の見出し手前」と「記事内5番目の見出し手前」は子テーマのfunctions.phpで表示されるようにしています。

functions.phpの指定の場所に、作成した広告ユニットのコードを貼り付けましょう!!

それ以外の広告ユニットはWordPressのダッシュボートの「外観」→「ウィジット」から全て設置できますよ。

「STORK」のウィジット画面です。

Google AdSence

 

ウィジットひとつひとつに設置場所と広告ユニットの名前が同じになるように、広告コードを設置していけば完了です。

Google AdSence

まとめ

今回の記事は、Google AdSenseの広告ユニットを設置場所ごとに変えたお話でした。

すべての広告ユニットを設置したらパフォーマンスレポートに反映されるまで待ちましょう。すぐに結果はでませんよ!!

てっち
これで13個すべて広告ユニットを設置したよ~1ヶ月後にどんな集計が取れてるかめちゃ楽しみやわ(^^♪

このことを知ったきっかけは、クロネさんのツイートです。


なるほど!って思いすぐにすべての広告ユニットを分けて設置しなおしました。

目から鱗でしたね(^^♪

クロネさんの、Google AdSenseの「広告ユニット」を分けて収益分析してますか?【クロネの失敗日記】はとても参考になるので、是非読んでみてくださいね。

さて、どんな結果が出るのか楽しみです!!

スポンサードリンク
Google AdSense広告ユニット

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆