WordPressテーマ、ストークで『この記事を書いた人』を作りたいのに、Gravatarでアバター設定できない場合の対処法。

Gravatarアイキャッチ画像
スポンサードリンク

WordPressで楽しみながらブログを書いているてっちです。

WordPressではメールアドレスごとにプロフィール写真(アバター)を設定することができます。

設定しておくと、ブログでコメントしたときコメント欄に写真付きで表示されます。

WordPressテーマ「ストーク」では『この記事を書いた人』のプロフィール写真にも反映されます。

他のテーマでも同じように、プロフィールに使用されることもあると思います。

プロフィール写真は、Gravatarで登録する方法もありますが、プラグインで登録する方法もあります。

僕はGravatarで何度しても登録できなかったので、プラグインで登録しました。

今回の記事はWordPressテーマ「ストーク」『この記事を書いた人』の設定方法と、プロフィール写真の登録方法について書きたいと思います。

 

WordPressストーク『この記事を書いた人』を作りたい

ブログテーマはストークを使っていてます。

ストークは有料ですが、カスタマイズしやすく誰でも簡単にオシャレなブログサイト作れるのでおすすめしています。

ストークでは、記事最後に『この記事を書いた人』というプロフィール写真付きの情報が表示されます。

ストーク・この記事を書いた人

『この記事を書いた人』の設定は、Wordpressダッシュボード画面のユーザー>あなたのプロフィールから行います。

連絡先情報にウェブサイト、SNSの情報を入れると各リンク先へのボタンが表示されます。

プロフィール情報に書いた文章も反映されます。

プロフィール写真は「Gravatarでプロフィール画像を変更できます。」のGravatarリンクより設定できます。

ストークこの記事を書いた人

Gravatarですんなりとプロフィール写真を設定できるはずでした。

しかし、設定できなかったのです・・・

スポンサードリンク
 

Gravatarで登録する方法

Gravatarはグローバルに認識されるアバターで有名な外部サイトです。

Gravatarへ登録してアバターを設定すると、登録したメールアドレスにアバターが関連付けられます。

ブログなどGravatarに対応しているサイトでコメントを投稿した場合、メールアドレスに関連付けられて自動的にアバターが表示されるようになります。

Gravatar は、ブログやコメントを投稿する際に名前の側に表示される画像です。アバター画像があるとブログやフォーラム上で誰が発言しているのか分かりやすくなります。他にも色々なサイトで利用できます。

Gravatarサイトより引用

Gravatarでアバターを作りたかったが・・・

まずはGravatarのリンクをクリックし、サイトへ行きます。

トップページへ行き、Gravatraを作成をクリックします。

Gravatar

 

GravatarはWordPressのアカウントがあればそのままログインできます。

赤枠の部分をクリックすると、自動的にE-mailアドレスと、ユーザーネーム、パスワードが入力されます。

Gravatar

 

こんな感じで自動的に入力されるので、ログインボタンを押しましょう。

Gravatar

 

すると、「登録したメールアドレスにメールを送りました」と言う内容の画面がでてくるのでメールソフトを確認します。

Gravatar

僕はG-mailなので、G-mailを確認します・・・しかし・・・

受信されない!!

迷惑メールフォルダも確認して下さいとあるので確認したがメールがありません。

自動フィルタにより、メール配信に問題が起こることがよくあるようですが、問題はありませんでした。

WordPressに登録しているメールアドレスも確認しましたが、間違っていませんでした。

※ダッシュボード画面の設定>一般設定から確認できます。

WordPressからログインのお知らせや、プラグイン更新のお知らせが届くので間違っているはずないですよね。

どうしたらいいんだろう・・・

他に方法はあるんだろうかと探していると、アバターを作れるプラグインを発見!!

プラグインを使うことにしました。

補足

後日分かったのですが、G-mailに1つのメールアドレスにラベル付け処理のフィルターが設定されていました。

これが原因かと思いフィルターを削除して、Gravatarで再度ログインしました。

それでもメールが届きませんでした。迷惑メールフォルダにも届きません。

僕には原因が分かりませんでした。

スポンサードリンク
 

プラグインWP User Avatarで登録する方法

アバターを設定できるWP User Avatarというプラグインがあります。

WP User Avatarをインストールしてアバターを設定することにしました。

今すぐインストールをクリックして、有効化します。

WP User Avatorプラグイン
注意

名前が1文字違いのWP User Avatarsというプラグインがあります。

1文字??Avatarsとsが付いているだけなので非常にややこしいです。

間違えてインストールしないでくださいね。

WP User Avatorsプラグイン

有効化すると、ダッシュボード画面にアバターという項目が追加されます。

デフォルトのアバターにWp User Avatar(ハットを被ったひげ長の人)がいます。

画像の選択をクリックします。

WP User Avatorプラグイン

 

WordPressのメディアを追加する画面になります。

後は簡単、アバターにしたい画像をアップロードして選択してくださいね。

WP User Avatorプラグイン

 

アバターに選択した画像にハットを被ったひげ長の人から変わりました。

最後に「変更を保存」をクリックしてください。

WP User Avatorプラグイン

 

やったー!!

『この記事を書いた人』に自分のアバターが!!

僕の記事を読んでくれた方に、もっとてっちをアピールできると思います。

WordPressテーマ「ストーク」の特徴『この記事を書いた人』が完成しましたよ。

ストーク・この記事を書いた人

Gravatarとプラグイン何が違うの?

Gravatarで登録するとGravatar対応サイトならコメントなどでアバターが表示されます。

プラグインだとWordPressで登録しているサイトのみコメントなどでアバターが表示されます。

大きな違いはこの点です。

広い範囲で利用できるアバターです。Gravatar はアイコンであり、フォーラム、チャット、ウェブサイトのような仮想現実上のオンライン・コミュニティの中で、そのユーザーの身代わりとなって、他のユーザーと自分自身を区別できるようにします。

トム・ワーナー(Tom Werner)によって開発された Gravatar を使えば、複数のウェブサービス上で共通するアバターを持つことができます。

WordPress Codex 日本語版 Gravatarの使い方より引用

Gravatarに登録している方が、圧倒的にアバターとしての利用用途が増えます。

ウェブでのコミュニティを頻繁に行う方は、Gravatarがおすすめです。

プラグインでの登録は、プラグインが1個増えてしますので、増やしたくない方には向いていないと思います。

ですが、僕のようにGravatarでうまく登録できない場合、まずはプラグインでアバターの登録を行ってくださいね。

スポンサードリンク
 

まとめ

とりあえずはアバター設定できて良かったと思っています。

Gravatarでなぜメールが届かなかったのかは僕自身分かりません。

もし、知っている方が僕の記事を読んでいたら教えて頂きたいです。

WordPressテーマ「ストーク」の『この記事を書いた人』はカッコいいなぁ~。


 

WordPressに関する記事

サーバーに関する記事

スポンサードリンク
Gravatarアイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆