早和果樹園の飲むみかん!?和歌山有田みかん100%のとても濃厚なストレートジュースおすすめです。

早和果樹園の飲むみかん
スポンサードリンク

こんにちは!! てっち(@simplelike0112)です。

こんなに濃厚なみかんジュースはじめて!!

飲んだ瞬間そう思うくらい、和歌山有田みかんを惜しげもなく使用した100%ストレートジュースがあります。

「みかんを食べているみたい」って感じるほどのみかんジュース飲んでみたいと思いませんか?

早和果樹園の「飲むみかん」は最高のみかんを使い、贅沢なしぼり方によって誕生したみかんジュースです。

飲んでみたら分かります! あなたも濃厚なみかんジュースを味わってみてください。

今回の記事は、「みかんを食べているみたい!」って思えるほど濃厚な、100%ストレートジュースを紹介します。

 

早和果樹園の飲むみかんって?

日本屈指のみかんの産地、和歌山県有田市の早和果樹園が手掛けるみかんジュース。

440年以上続くみかんの産地で作られた、美味しいみかんを使用しています。

有田で作られたみかんだけを使用した、純粋な有田産みかんジュースですよ。

てっち
『飲むみかん』『味まろしぼり』の2種類知り合いの方からもらったんです。とっても、濃いオレンジ色!かなり濃厚そうでしょ!

みかんの果肉もたっぷり入ってとろみがあります。1本飲んだらやめられません!!

ジュース1本でみかん4~5個分ビタミンCがたっぷり入ったジュースです(^^♪

早和果樹園の飲むみかん

早和果樹園はみかんのしぼり方が違う

一般に売られているオレンジジュース、100%みかんジュースは『インライン方式』といわれるしぼり方をしています。

『インライン方式』は外皮(食べるときにむきむきする外側の皮)を取り除かず一緒に細かくしてからしぼるので、どうしても外皮の苦みや油分が飲み物に入ってしまう欠点があります。

これは、大量生産に向いている方法です。

一方・・・・・

飲むみかんはここが違うんです!!

『チョッパー・パルパー方式』といわれる、しぼり方をしています。

みかんの外皮をすべて取り除き、薄皮ごと細かくして裏ごしにしてしぼります。

外皮を向くのにかなりの手間が掛かるので、作業がたいへんです。

裏ごしは3回細かい網に通すので繊維も細かくなりとろみがでます。

こうして、とろ~っとしたみかんジュースが生まれます。

HACCP認定工場でビンに充填

しぼり取られたジュースはHACCP認定工場にて充填されます。

HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( HazardAnalysis ) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点( Critical Control Point ) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。

厚生労働省・HACCPとは より引用

簡単にいうと、製造工程の中で重要管理点を決めて、そこを重点的に管理することです。

品質管理が徹底されているんですね(^^)

みかんジュース3種類あるの?違いは?

もらったジュースは、『飲むみかん』『味まろしぼり』の2種類です。

何が違うんだろうと調べてみると・・・・・ん?

3種類あるの?

早和果樹園のみかんジュース、ラインナップは3種類あり、実はもう1種類あったのです。

もう1種類は『味一しぼり』というみかんジュースです。

早和果樹園3種類のラインナップ

  • 飲むみかん
  • 味まろしぼり
  • 味一しぼり
早和果樹園の飲むみかん

3種類のジュースは糖度の違いです。

  • 味一しぼり:糖度12度以上、発生量少ない
  • 味まろしぼり:糖度11度以上、発生量中程度
  • 飲むみかん:糖度にはこだわらない、発生量多し時には糖度11度以上になる事も

加工用みかんを光センサーでどのブランドに使用するのか選別します。

しぼり方はすべて『チョッパー・パルパー方式』です。

先ほど説明した手間のかかるやつです(^^)

『飲むみかん』はその年その年のみかんのでき具合の成り行きで糖度が変わります。

できが良い年は糖度が11度以上になることもありますよ~。その年買った人ラッキーです(^^♪

味まろしぼりは、糖度11度以上が確保されています。

糖度12度以上の『味一しぼり』はやはり数量限定!さぞかし甘そ~飲んでみたい!

黒いキャップと赤いキャップ

数量限定のことばに人は弱いので『味一しぼり』が一番おいしいのかな?と思ってしまいますよね。

ですが!!『飲むみかん』『味まろしぼり』も文句の言いようが無いほど絶品です。

正直どっちでも美味しい、かわらないって感じです。

糖度の表示がないので、『飲むみかん』『味まろしぼり』の違いも分からないと思いますよ。

飲みくらべて、甘さの違いくらべてみてね!

早和果樹園の飲むみかん

黒いキャップは『飲むみかん』

飲むみかんを紹介しま~す。

賞味期限は1年位ありますの、お土産持っていってもとても喜ばれますよ。

ビン詰めって、けっこう長持ちするんですね。

早和果樹園の飲むみかん

 

純粋な和歌山県有田市産です。

名称はうんしゅううみかんジュースとなっています。飲むみかんとは書いてないんですね。

ほらねっ!糖度の表示は無いでしょ!

おさらいすると『飲むみかん』は年度によって糖度が違います。

全体的に甘い年は『味まろしぼり』と同じくらいの糖度11度以上になりますよ(^^♪

早和果樹園の飲むみかん
スポンサードリンク
 

赤キャップは『味まろしぼり』

『味まろしぼり』も同じでに賞味期限は1年位あります。

シールを眺めているとこっちの方が少し高級っぽいかなぁ・・・って感じがします。

糖度が確実に11度以上あるりますよ!

早和果樹園の味まろしぼり

 

こちらも糖度の表示は無いですが、糖度11度以上ですよ~。

早和果樹園の味まろしぼり

早和果樹園『飲むみかん』をネットショップで購入しよう

早和果樹園楽天市場店で購入できます。

早和果樹園から直接購入できるので安心ですよ。

飲むみかんラインナップ

  • 200ml×6本入り
  • 200ml×12本入り
  • 200ml×24本入り

味まろしぼりラインナップ

  • 200ml×12本入り
  • 200ml×24本入り

味一しぼりラインナップ

早和果樹園で一番最高級な味一しぼりを飲んでみてはどうでしょうか。

  • 200ml×12本入り
  • 200ml×24本入り
スポンサードリンク
 

僕の気になっているセットを紹介します

早和果樹園はジュース以外にジュレ(ゼリー)やジャム、みかんポン酢も販売しています。

飲むみかんの濃厚な味を知ってしまった僕がジャムってどんな味だろうって思うのに時間は必要ありませんでした。

朝パン派なのでとっても気になっている『朝のみかんセット』!!

是非買ってみようと思っています。

どんな味か試しに購入してみたいですね!!

まとめ

これぞ100%ストレートジュースだと思える一品です。

みかんをそのまま飲んでいるようにとろみがあり濃厚!!

和歌山県有田市はまさに、美味しいみかんの産地ですね。

ジュース1本でみかん4~5個分、毎日飲んだらビタミンCをたっぷり摂れますね(^^♪

オンラインショップで手軽に購入できますよ~。

あなたも和歌山県有田産、みかんを食べてるみたいな濃厚ジュース味わってみてください(^^)/

 

次の記事>>>不思議な形の空気ケーキ!ふわとろ空気プリン!!奈良の春日大社の近くにひっそり佇むお店に行きました。

スポンサードリンク
早和果樹園の飲むみかん

ABOUTこの記事をかいた人

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆