まずは使えるように!デジタル一眼レフカメラ初心者が購入後、やるべき準備と設定7項目。

一眼レフカメラ準備設定アイキャッチ画像
スポンサードリンク

こんにちは!! てっち(@simplelike0112)です。

デジタル一眼レフカメラも購入し、カメラも保護し、SDカードも購入しました。

はやく写真撮りに行きたい・・・でも使えるように設定しなければなりません。

よし!さっさと使えるようにして写真撮影に出かけましょう。

今回の記事は、デジタル一眼レフカメラ購入後に使うためにする準備を紹介します!!

※キャノン EOS 9000Dの場合の説明です。

 

電池を充電しよう

購入時、電池(LP-E17)はフル充電されていません。充電してから使うようにしましょう。

電池と充電器の使い方

  • 充電した電池は自然放電するので、使う前日に充電するのが理想。
  • しばらく電池を使わないときは、カメラから電池を取り出す。
  • フル充電したにもかかわらず、電池残量の低下が速いときは電池の寿命。
  • Canon充電器はAC100V~240V 50Hz~60Hzに対応しており、国外でも使用可能。
  • 国外で使用する場合は、使用する国に応じた市販の電源プラグ変換アダプターを用意する。
一眼レフカメラ初期設定

 

充電が完了したら取り外し、カメラへセットしましょう。

カメラ裏側のカバーを開けて電池を挿入します。挿入方向に注意してくださいね。間違った方向に入れた場合奥まで入らないようになっています。

一眼レフカメラ初期設定

 

電池の保管はカメラから取り外し、カバーをしましょう。

カメラに入れたままだと微小な電流が流れて放電しますので使わない時は取り出しておきましょう。

一眼レフカメラ初期設定

フル充電でどれだけ使えるの?

メーカーのデータによると、通常写真撮影では約600枚、低温0°では約550枚となっています。

動画撮影した場合は、通常動画撮影では約1時間55分、低温0°では約1時間50分となっています。

意外に少ないと感じるかもしれませんね。不安があるなら予備バッテリパックを購入するのをおすすめします。

LP-E17 バッテリーパック

  • メーカー:キャノン純正

予備で充電器も持っておきたい方はこちらからどうぞ。

LP-E17用充電器

  • メーカー:キャノン純正

ストラップを取り付けよう

カメラ購入時に標準で付いているカメラストラップを取り付けましょう。

一眼レフカメラストラップ

 

カメラ両端上部に付いている金属部分にストラップを通して取り付けます。ストラップは必ず取り付けておきましょう。

ストラップを付けておくメリット

  • ストラップを首に掛けておくと、万が一手を滑らしたときカメラが落下せずにすむ。
  • 移動時にカメラを首に掛けれるので、両手がふさがらない。
一眼レフカメラストラップ

ストラップはいろいろな種類が販売されています。プロ仕様のものからオシャレなものまであります。

カメラを使いこなせてきたら、オシャレにストラップをカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
 

SDカードを挿入しよう

まずはSDカードを準備しておきましょう。僕が購入したのはTOSHIBA製のSDカードです。

SDカードの選び方はこちらの記事を参考にしてくださいね!!

一眼レフカメラSDカード

 

一眼レフカメラ右側にある「CARD OPEN」と書かれているカバーを開けるとSDカード挿入口が現れます。

挿入方向は描かれている通りにしましょう。

一眼レフカメラSDカード

 

SDカードを挿入して、カバーをすれば完了です。取り出すときは少し押し込んであげると、SDカードが上に飛び出してきます。

一眼レフカメラSDカード

SDカードのフォーマット

ほとんどのSDカードは購入時にはすでにフォーマットされているので気にしなくてよいです。

どうしてもフォーマットを行いたい場合はMENU画面からフォーマットを行えます。気になる方はフォーマットしてからお使いください。

「MENUボタン」を押して、ダイヤルを操作してカード初期化を選択します。

SDカードフォーマット

 

カード初期化の画面が表示されます。

ゴミ箱ボタンを押して物理フォーマットにチェックを入れます。

「OKボタン」を押すとフォーマットが開始されます。

SDカードフォーマット

 

フォーマットは少し時間がかかります。バーが右まで移動すれば完了です。

SDカードフォーマット

視度調整つまみを設定する

ファインダーのすぐ横にあるつまみが「視度調整つまみ」と呼ばれるものです。視度調整つまみは+方向-方向に回転します。

視度調整つまみ

 

ファインダーを覗くと見えるAFフレームがボケずにハッキリと見えるように、視度調整つまみを回して調整しましょう。

AFフレーム
スポンサードリンク
 

日付を設定しよう

日付を設定しておかないとせっかく撮影した写真の日付と時刻が分からなくなります。簡単なのではじめに設定しておきましょう。

「MENUボタン」を押して、ダイヤルを操作して日付/時刻/エリアを選択します。

日付/時刻の設定

 

日付/時刻/エリア画面が表示されます。ダイヤル操作を行って日付と時刻を合わせましょう。

日付/時刻の設定

 

エリア設定をロンドンから東京に合わせて「OKボタン」を押して完了です。

日付/時刻の設定

記録画質を設定しよう

写真は美しく取りたいですね。記録画質がRAW+Lになっているか確認しましょう。

「MENUボタン」を押して、ダイヤルを操作して記録画質を選択します。

なぜRAW+Lがいいのかはこちらの記事を参考にしてください。

記録画質設定

 

RAW+Lを選択して「OKボタン」を押して完了です。

記録画質設定
スポンサードリンク
 

カードなしレリーズをONにしよう

カードなしレリーズは必ずONにしておきましょう!!

ONにすることにより、SDカードが入っていないと撮影ができなくなります。

一所懸命撮影した後に「SDカード入ってないやん・・・」ってことになるのを防止します。

「MENUボタン」を押して、ダイヤルを操作してカードなしレリーズを選択します。

カードなしレリーズ設定

 

する を選択して「OKボタン」を押して完了です。

カードなしレリーズ設定

まとめ

デジタル一眼レフカメラ購入時に、これだけはしておきたい準備と設定を紹介しました。

  1. 電池をフル充電する。
  2. ストラップを取り付ける。
  3. SDカードをセットする。
  4. 視度調整つまみを設定する。
  5. 日付を設定する。
  6. 記録画質を設定する。
  7. カードなしレリーズをONにする。

この7項目をやっておくと、写真を撮影するための基本的な準備が完了します。

1~4はカメラ本体に行う撮影前の準備作業ですね。5~7はカメラの液晶モニターを操作して行う設定作業です。

これで一眼レフカメラ持って外に出ても大丈夫です。撮影テクニックとか気にせずにジャンジャン写真撮影を楽しみましょう。

ファインダーを覗きながら撮影する、一眼レフカメラはとても楽しいですよ!!

そしてデジタル一眼レフカメラはキャノン EOS 9000Dがおすすめです!!

 

次の記事>>>初心者が一眼レフカメラ選びに迷ったら『キャノン EOS 9000D』がおすすめ!いろいろ比較してみた。

スポンサードリンク
一眼レフカメラ準備設定アイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆