1日のうち何にどれだけ時間を消費していますか?戻らない時間を有効に使うために時間の整理をしてみよう!

時間の消費アイキャッチ画像
スポンサードリンク

こんにちは!! てっち(@simplelike0112)です。

最近とにかくブログを書く時間を増やそうと『時間の無駄』について考えることが多くなりました。

僕の場合はブログを書きたいからという理由ですが、人それぞれ理由は違うが「もっと時間があればいいのに・・・」って思ったことがあるでしょう。

今回の記事は、『時間の無駄』について考えていきます!!

 

時間の流れ方を整理してみよう

まずは、一般的な時間の流れ方について整理してみましょう。

時間っていうのは、人間みな同じだけ持っています。ここでは、生きている期間は考えないことにしましょう。

短命な方や長寿な方もいますが、長寿だから、時間がたっぷりあるからいろいろ出来た!ってことにはならないですから。

もっと短い時間で考え、有意義な時間を過ごしている方が時間を無駄にしていないってことになりますね。

重要なのは日々の生活の中で、自分のやりたいことができているかです。

さて、短い時間の最小単位を1週間7日間「月・火・水・木・金・土・日」として考えてみたいと思います。

自分が持っている時間は、1週間で168時間あります。この内果たして何時間自分の時間が確保できているのでしょうか?

てっち
時間は電池のように充電できひんもんなぁ。毎日減っていく電池の残量を大切にしないとね~。毎日どれくらい自由な時間があるんかな??

1週間のうち何に時間を費やしてるか考えてみましょう。

仕事に関連する時間の消費

①仕事に費やす時間

まずは、仕事ですね。週休二日制だと考えると、1週間のうち5日間は仕事のある日です。

1日最低8時間なのでお昼休憩1時間としても9時間は会社にいることになります。

昼休憩は、基本自由に使える時間なのですが、だらだらと仕事する会社をするもあるでしょうし、部下や上司など人としゃべらなくてはならない、昨日の残業疲れで昼寝をしているなど自分本位の時間の使い方が全然できていません。

残業に関しては、無い会社がベストでしょう。反対に多い会社はそれだけ拘束時間が多いので、ヤバイですね。

残業はハッキリ言って『無駄な時間』に入ります。残業代もらえるからとかは別にして、時間の使い方とう点では、自分本位ではないので気をつけてください。

もちろん、サービス残業なんてもってのほか、無駄な時間を減らすために転職考えた方がいいですね。

会社が好きで勤めている人なんか、ほんとうに少数派です。会社勤めが人生で一番時間を費やしているんですね。

仕事に費やす時間

  • 1週間に5日間出勤
  • 1日9時間(仕事1時間+休憩1時間)仕事
  • 1週間で45時間費やされている

現在の残り時間 168時間(MAX)

仕事に使った時間 45時間

自分の為に残った時間 123時間

②仕事の残業に費やす時間

①で残業がない会社がベストだといいましたが、残業している方が多いと思いますので、残業した場合を考えてみましょう。

早く帰りたくても、残業が日常になっていて帰られない、皆が残っているので帰りにくいなど、嫌でも拘束されている方も多いですね。

ここでは、残業2時間として考えてみます。

仕事の残業に費やす時間

  • 1週間に5日間残業
  • 1日2時間残業
  • 1週間で10時間費やされている

現在の残り時間 123時間

仕事の残業に使った時間 10時間

自分の為に残った時間 113時間

③通勤に費やす時間

通勤時間も『無駄な時間』の1つでしょう。仕事とセットになっている時間なので必然的に費やされる時間も多くなります。

「いやいや、本読んだり、スマホでネットしたり無駄なく過ごせるよ」って意見もあります。

ですが、本読んだり、スマホでネットしたりは家でもできることです。逆に考えると、電車だからそれくらいにしかできないと考るべきです。

本当に意味のある本を読んでいるのか、本当に必要なスマホの使い方をしているのかは別です。

家にいると他のこともできますからね~読みたい本だけ読んだり、スマホ触っているのがもったいないくらい他のことができますよ。

通勤時間の平均はグーグルでググって頂くと記事がたくさん出てきますが、片道平均59分程度です。

なので片道1時間として、往復2時間で考えてみましょう。

通勤に費やす時間

  • 1週間に5日間出勤
  • 1日2時間(往復)
  • 1週間で10時間費やされている

現在の残り時間 113時間

仕事の残業に使った時間 10時間

自分の為に残った時間 103時間

仕事で費やされる時間まとめ

仕事、残業、通勤と3つに分けて、仕事で消費される時間を計算してみました。

168時間あった自分の時間が、仕事で消費されて103時間まで減ってしまいました。

てっち
仕事ってすごく時間消費されているな~その対価として給料もらっているけど。数字で見ると結局は時間給なんですよね。時間を売って給料もらっているんですね。

残業無い場合と、さらに2時間残業している場合を比較してみましょう。

仕事以外で使える時間

  • 残業2時間あり:103時間
  • 残業無し:113時間
  • ブラック企業:93時間

土日合わせて48時間分は全く消費していませんので、103時間から48時間を引いた55時間が平日に使える、残っている時間だと考えれますね。

55時間を5日間で割ると、1日当たり11時間になります。

う~~ん・・・・・なんか少ないような・・・・

残業が全くない会社に勤めているラッキーな方プラス2時間1日当たり13時間になりますね。

ブラック企業に勤めているアンラッキーな方は更にマイナス2時間とするとで1日当たり9時間になります。

もっともっとブラックな企業あると思いますが、体が崩壊してしまうでしょう。

平日に使える仕事以外の時間

  • 残業2時間あり:11時間
  • 残業無し:13時間
  • ブラック企業:9時間

結果からも分かるように残業無しの会社は半日から1日も多く、自分の時間が確保できていることになりますよ~。

通勤時間も重要で、僕は以前の会社で片道1時間30分かけて通勤していました。多い方は2時間かかっている方もいます。

通勤時間が片道30分多くなると、1週間で往復5時間多くなります。ブラック通勤になってしまいますよ~。

スポンサードリンク
 

仕事以外で消費する時間

さて、会社の残業の有無や、通勤時間によって時間のパフォーマンスが全然違うことが分かりました。

せっかく残った自分の時間を有意義に使わなくてはもったいないですね。

てっち
仕事の為に、仕事以外の時間を減らすこと多いと思います。結局は仕事に時間を奪われてるんですね。睡眠減らすとか、やりたいこと我慢してるとか・・・・

仕事以外にしていることを、考えてみたいと思います。

①睡眠に費やされる時間

仕事以外で費やされる時間で多いものは睡眠時間です。

睡眠時間は人それぞれ適正な時間が違うでしょうが、「もっと寝たい」と思っている方いますね。

日本は睡眠時間が世界的に短いといわれています。経済協力開発機構(OECD)の調査では7時間43分と世界28位となっています。

僕も8時間寝たい派なんですが、5時間~6時間と平均を下回る睡眠時間となっています。(僕の場合はブログを書いているからなですが・・・)

う~ん、何時間基準で考えればいいか難しいなぁ。ここでは7時間睡眠で考えてみましょう。7時間寝れば体に支障をきたすリスクは少ないからです!

睡眠に費やす時間

  • 1週間に7日間
  • 1日7時間
  • 1週間で49時間睡眠に費やされている

現在の残り時間 103時間

睡眠に使った時間 49時間

自分の為に残った時間 54時間

すごい結果がでましたね。起きていて、自分で何かできる時間って54時間しかないんですね。

この時間は土日分も含まれています。計算すると34時間が土日の睡眠時間を除いた時間なので、20時間が平日に残っている時間となります。

1日当たり4時間しかないんです!!さらに次に説明する項目の時間を引いたらほとんど残りません。

ブラック企業に勤めていて、さらに2時間残業が多いと1日当たり2時間ですよ!!それ以上だと・・・・・もう奴隷と同じですね。

②睡眠以外で費やされる時間

仕事と睡眠は確実に消費されていく時間なので、いわば変えようのない時間です。転職して残業減らすのは全然アリです。

この項目は一人暮らしか、両親と一緒に暮らしているか、結婚しているか、子供がいるかなど生活環境でかなり変わってきますね。

男性、女性でも違ってきます。

その他の時間を考えてみましょう。

  1. 朝の支度
  2. 朝食、昼食、夕食(平日は仕事時間に昼食)
  3. 洗い物
  4. お風呂、シャワー
  5. 洗濯
  6. 寝る前の準備(ハミガキなど)

この6つが必要最低限の項目です。

平日に朝起きてから、家を出発するまでに何分かかっているか考えてみましょう。朝の支度、朝食などが朝に消費される時間となります。

例えば、7時に家を出る場合何時に起きているかです。6時に起きている方は1時間っていう具合です。

早起きが得意で、1時間は自分のやりたいことをしている方は自由時間を確保しているので、その時間は入れなくて良いでしょう。

朝はだいたい1時間くらいです。

仕事帰ってきて、寝るまでの間に費やしている考えてみましょう。

夕食、洗い物お風呂、シャワー、洗濯、寝る前の準備(ハミガキなど)が必要最低限消費される時間となります。

1時間じゃ難しそうですね、1時間半くらいです。

睡眠以外で費やされる時間

  • 1週間に7日間
  • 1日2時間30分(朝1時間、夜1時間30分)
  • 1週間で17時間30分費やされている

現在の残り時間 54時間

睡眠以外に使った時間 17時間30分

自分の為に残った時間 36時間30分

仕事以外で消費する時間まとめ

睡眠と睡眠以外の2つに分けて、消費される時間を計算しました。

168時間あった自分の時間36時間30分まで減ってしまいました。すごい減り具合ですね~。

これが、あなたの毎日のルーティーンとなっているんですよ!

残業無しの場合と、ブラック企業の場合と比べてみましょう。

自由に使える自分の時間

  • 残業2時間ありで働いている場合:36時間30分
  • 残業無しで働いている場合:46時間30分
  • ブラック企業で働いている場合:26時間30分

う~ん。やばい20時間も変わってきますね。

ここで不思議なことに気が付きませんか??

ブラック企業の26時間30分って何か計算的におかしくないですか??

休みの日は24時間から9時間30分(睡眠7時間+睡眠時間以外で必要な2時間30分)を引くと14時間30分が自由時間ですね。

土日2日間合わせて自由な時間が29時間あるはず・・・・・ブラックの場合足りてないんじゃないの・・・・・。

ブラック企業の場合、平日に使える仕事以外の時間が9時間ありました。それから睡眠時間7時間を引くと残り2時間となります。

すると、睡眠以外の必要な時間2時間30分が取れなくなってしいますね。30分足りていません。

30分が5日間で2時間30分足りてないのです。26時間30分に2時間30分足すと、29時間となり計算が合ってきます。

そうなんですよね!!ブラックの場合、生活するために必要最低限しなければならないことが、出来ていないのです。

これはとても重要で、自分の時間を犠牲にして仕事をしているということなんです。

子供がいる家庭でブラック企業に勤めている方は、家族のことに構っている時間が無く仕事だけってなってしいます。

結婚していなくても仕事が忙しすぎて、自分のやりたいことなど一切できない状態が続いているでしょう。

帰って寝るだけの生活ですね。

1週間に少しだけしかない自由な時間

ブラック企業は論外として、週休2日制で残業が2時間以内なら1週間で36時間30分~46時間30分自由な時間を過ごすことができます。

この少ない貴重な時間をどういう過ごし方をするかで、人生が楽しめるかどうか変わってきます。

てっち
自由な時間って少なっ・・・・・土日が楽しみなん分かる気がする。会社の残業ってほんと自由時間奪ってるわ!

平日と休日分けて考えていきましょう。

平日の自由な時間

平日は、ほぼ仕事に時間が消費されていっていしまいます。平日こそ『無駄な時間』なくして充実した1日にしなくてはなりません。

平日の自由な時間

  • 残業が2時間:1時間30分
  • 残業が無し:3時間30分

やはり残業無しはすごくいいですね~。2時間の差は大きすぎますね。

時間は数値にしてみると、自分に時間が無いか良く分かります

平日の貴重な自由な時間をすべて、自分のやりたいことをするように考えてみてください。

徹底的に無駄を排除してみてください。

ちなみに僕は残業無しです。よし!ブログ3時間できるぞ~!とはならないのです。

帰ったら家族がいて、子供達がいるのでなんやかんやで時間がとられます。ですが、これはすごく楽しいし、僕自身いい経験をさせてもらっています。

休日の自由な時間

休日は、逆にほぼ1日自由な時間を過ごすことができます。休日はそのぶんだらだら過ごしてしまっている方も多いですね。

休日の自由な時間

  • 土曜日:14時間30分
  • 日曜日:14時間30分

平日の仕事がキツ過ぎると、この貴重な時間を疲れをとるために使われてしまいます。

起き上がれず、ずーっと寝ていたり、起きても、なにかする気力がなくテレビ見ながらぼーっとしたり。

仕事のしわ寄せが来ない休日にしなくてはなりません。ブラック企業はやはり転職するのがいいですね。

気を付けないとならないのは、予定をどんどん入れてしまうことです。

予定の入れすぎは、せっかく1日時間を取れる貴重な時間を一瞬にして奪ってしまいます。ほんとにやりたいことがある方は、気を付けてくださいね。

とくに自分が行きたくない予定などはきっぱりと断ってしまうのがベストです。時間は充電できませんよ!!

スポンサードリンク
 

無駄だと思うこと

少ない時間を有意義に過ごすには、無駄なことを排除しなければなりません。

僕も無駄を徹底的に無くしていこうと、日々いろいろ考えています。

僕はブログをしたいために、次のことをに費やす時間を減らしています。

残業

  • サービス残業なってもってのほかです。残業代付いても時間1,500円程度。残業は充電出来ない時間をどんどん消費していきます。残業せずに帰りましょう。もし無理なら転職を考えた方がいいです。

通勤時間

  • 仕事を選ぶなら、給料よりも通勤時間だと言いたいです。通勤時間1日2時間なら1ヵ月で20日通勤時間に取られています。

飲み会

  • 気乗りしない、行きたくない飲み会は断りましょう。平日でも休日でも1日奪われてしまいます。お金も使ってしまうので、ホントに必要なとき以外は断りましょう。

テレビ

  • テレビは簡単に時間を奪います。1時間なんてすぐ、見たくもないCMまで見せられる始末です。僕はテレビは一切付けません。テレビ無しでも生活できますよ!!

銀行

  • 振込や記帳の為だけに銀行に行くのは時間の無駄です。僕は全てネット銀行にしています。振込はネットでできるし、記帳も必要ないです。預入、引出もコンビニでできるので便利です。
  • 条件により手数料が掛からないので、お金も減りませんよ~。

支払い

  • お店に行った時の支払いはクレジットカードです。小銭を出してる時間がもったいない。
  • 楽天Edyやnanacoも使っています。コンビニでお金を出したりしなくてもいいです。店員さんもとても楽そうですよ~。
てっち
大きく無駄を削減できるのは、やはり仕事ですね~。小さな無駄も塵も積もれば山となるので、心掛けてみてください。

自分のやりたいことを優先で、一生懸命すれば良いのです!!

時間とお金どちらが大切か

最終的には、こういう話になると思います。

『時間とお金どちらが大切』

僕は完全に『時間』ですね。

てっち
時間ですよ!時間!もっとブログ書きたいし、本読みたいし、勉強したい!

お金はもちろん必要です。生活できないですから。ですが、お金を稼ぐために全ての時間を仕事に費やすのは無理ですね。

お金が欲しければ、仕事以外の自分の好きなことで稼ぐことを考えましょう。

僕は、それがブログなんですよ~。

多少なりともブログで収入を得ています。これからもっともっと収入を増やしていきたいと目標を立てています。

時間があれば何ができるかを想像してみてください。「もし残業が無かったら」「通勤時間が10分だったら」あなたなら何をしますか?

本当にやりたいことができるはずです。そしたら、自分に余裕が出てくるんですよ~その余裕が大切なんです。

時間の余裕こそが、心の余裕だと思っています。お金は生活していけるだけあれば良いのです。

そして、余裕が出できてき時にお金が欲しくなれば、仕事を増やしたり、アルバイトをすることを考えないで自分で稼ぐことを考えてみてください。

物作りが好きなら自分で作ってネットで売ってみるとか、僕みたいにブログを書いてみるとか、自分の好きなことを仕事にするんですよ。

時間があれば、勉強する時間はたっぷりあります。色んなことに挑戦できますよ~。

お金を増やす方法はたくさんありますが、時間は絶対に増やせませんよ!!

スポンサードリンク
 

まとめ

今回の記事は、時間の消費について書きました。

自分の1日の時間を詳しく調べた方ってどれくらいいるのかなぁ?って思いながら書きました。

僕は前に勤めていた会社が将来性が無く悩んでいるときに、時間の研究をしたことがありました。

分かっていても、すぐに転職とか出来ないんですよね~しがらみだの、事情だのいろいろあって。

でも仕事を辞めて『時間が大切』ってつくづく思ったんですね。もっと早く辞めて置けばって・・・。

後悔はしていませんが、もっと時間を有効に使えたかなとは思っています。

だから、これからは時間をもっと大切にしていきたいんです。

長くなりましたが、参考にしていただければ幸いです(^^)

 

次の記事>>>ついに早起きの自我が目覚めた!やりたい事でAM4:00起きが習慣になりました!

スポンサードリンク
時間の消費アイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆