2017年夏・秋に収穫した野菜です!さつま芋、枝豆、パプリカ、キュウリ、トマト採れたよ~。

2017年夏秋野菜収穫アイキャッチ画像
スポンサードリンク

こんにちは!! てっち(@simplelike0112)です。

2017年春に夏野菜を育てるぞ!!

っと意気込んで苗を植えた野菜が、5ヶ月経ち収穫時期になってきました。

これから秋にかけて5種類の野菜を収穫していきます。

2017年春の植えたときのことは、夏野菜を育てるぞ!畑をきれいにして苗と種を植えました。に書いているので読んでみてね。

今回の記事は、2017年夏から秋にかけてたくさん収穫できた野菜、上手く収穫できなかった野菜をまとめました。

 

今年の夏に植えた野菜

今年の夏に植えた野菜の一覧です。

この中で、どの野菜がたくさん収穫できたでしょうか~??

苗から育てた

  • キュウリ
  • ミニトマト
  • パプリカ
  • 大玉スイカ
  • さつま芋

種から育てた

  • 枝豆

たくさん収穫できた野菜

では、まずはたくさん収穫できた野菜から紹介しま~す!!

キュウリ

キュウリは毎年育てている定番野菜で、だいぶ育てるのに慣れてきました。

今年は長さ20cmぐらいの真っ直ぐなキュウリが15本以上できました。

去年も育てていたのですが、曲がったキュウリがとても多かったです。

今年は特に上手く育ってくれたみたいで、スーパーで売っている物のように真っ直ぐでした。

キュウリ

ミニトマト

ミニトマトもキュウリと同じで、毎年育てている野菜です。

育て方上手くなってきたようで、50個以上は取れましたよ~!!

ただ少し皮が固かったのが残念でした。

もともと家庭菜園用の品種は皮が固くなっています。

甘いトマトを作ろうと水を控えめにすると皮が固くなります。

次回育てる時のポイントまとめ

  • 皮の柔らかい品種「桃太郎」にする
  • 水分管理を徹底する
  • できるだけ土が乾いてから水を与える
ミニトマト
スポンサードリンク
 

収穫できたけど少なかった野菜

パプリカ

はじめて挑戦したパプリカです。

去年はピーマンを育てていてたくさん収穫できたので、今年は面白そうだと思いパプリカにしました。

収穫量は10個程度と、思っていたより少なめでした。

オレンジ色のパプリカの苗を買ったのですが、色も変わりませんでした。

次回育てる時のポイントまとめ

  • 1番花は摘み取る
  • 主枝が分かれた場所より下のわき芽はすべて摘み取る
  • 2週間に1回、化成肥料で追肥する
  • 特に夏場は水やりを怠らない
  • 実が付いた箇所から出るわき芽は摘み取る
  • 内側に伸びた枝を間引くなどし、風通しを良くする
  • 40日以上かけて熟成させてから収穫する
パプリカ

枝豆

枝豆もはじめてで種から植えて、2株ずつ3箇所で育てました。

成長が弱く、あまり実が付かなかったような気がします。

枝豆は比較的簡単で、植える前にたっぷり肥料を施しておけば追肥は必要ありません。

次回育てる時のポイントまとめ

  • 窒素分が多いと葉は良く育つようですが、実が付きにくい
  • 化成肥料の成分を管理する
枝豆

さつま芋

品種は鳴門金時で、土の中にできる野菜ははじめて作ります。

さつま芋は乾燥に強く、肥料もほとんど必要としない野菜です。

植えた野菜の中で、一番最後に収穫したのですが、つるが伸びすぎてビックリしました。

原因を調べてみると、「つるぼけ」という現象が起きていたのかなぁと思います。

「つるぼけ」とは肥料の多い場所で育てると、つるばかり伸び芋が大きくならないことです。

さつま芋

 

3株植えたのですが、大きい芋は1個だけで、他はとても小さかったです。

葉っぱがこんなに茂っているから、大きな芋が取れると思っていたのに残念でした。

枝豆も同じですが、肥料のやり過ぎで実付きが悪くなるようです。

次に植える時は何らかの対策が必要ですね。

次回育てる時のポイントまとめ

  • 肥料はほとんど与えなくても育てれる
  • 植え付け2週間後、カリ成分の多い肥料を追肥すると大きくなりやすい
  • 肥料の管理を行う
  • 湿気を嫌うので乾燥している方が良い
  • マルチングは雑草抑制、地温上昇など効果的なのでやっておいて良かった
さつま芋

上手く収穫できなかった野菜

大玉スイカ

大玉スイカは完全に失敗しました。

受粉させているのに一切実が付かなかったのです。

花ができれば雄花を摘んで、雌花(写真のように下部が膨らんでいる)に付ければ受粉完了です。

しかし、雌花が全然できずに1個だけ見つけただけで、茎と葉はどんどん成長していきました。

スイカもさつま芋と同じで「つるぼけ」という現象が起きるようで、窒素肥料が多いと茎葉ばかり茂るようです。

来年は必ず再挑戦しま~す。

次回育てる時のポイントまとめ

  • 肥料の管理を徹底する
  • 窒素肥料が多くならないようにする
  • 確実に受粉させる
  • 植え付け1ヵ月後と、実が卵くらいの大きさになった頃に追肥
  • 果実が大きくなってきたら、色むらを無くすため果実を裏返して置き直す「玉直し」をする
大玉スイカ
スポンサードリンク
 

気になる家庭菜園アイテム

土づくりが基本なのですが、まだまだ感覚では分かりにくいですね。

土のph調整、温度、水分量、乾燥具合、日照量、肥料の量が簡単に測定できればいいですね。

測定装置で測定すれば分かりやすいかなぁ~って思っていて、便利な測定器があるので紹介します。

VENSMILE 3 IN 1土壌測定器 土壌酸度計 土壌PH計で測定できる項目は4項目あります。

測定対象:土壌酸度、土壌水分、照度

 

デジタル土壌酸度計Aで測定できる項目は4項目あります。

測定対象:土壌酸度、土壌水分、土壌温度、照度

収穫した野菜で作った料理

家庭菜園のいいところは、育てた野菜を食べられる楽しみがあることです。

料理する前に収穫できるので、とても新鮮です。

量は少量ですが、自分で育てた野菜はとても満足して頂けますよ~。

枝豆、キュウリの和え物、スイートポテトを妻が作ってくれました!!

枝豆

枝豆

キュウリの和え物

キュウリ

スイートポテト

スイートポテト
スポンサードリンク
 

まとめ

自宅の庭で家庭菜園をはじめて、3回目の夏が終わりました。

失敗もありますが、いろいろな野菜に挑戦するのを楽しんでいます。

次作るときは、悪かったところをフィードバックしていこうと思いブログに記録しました。

枝豆の種も余っているので再度挑戦したいと思ってます。

夏が来る前に、もうすぐ冬がやって来ます。

冬野菜は何を植えようかなぁと考えていま~す!!

 

次の記事>>>ラディッシュの種とイチゴの苗を植えたよ。簡単にできますよ~!春の収穫が待ち遠しいです。

 

おすすめ家庭菜園の本はこちらです!

スポンサードリンク
2017年夏秋野菜収穫アイキャッチ画像

ABOUTこの記事をかいた人

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆