HTTPS化にならないエラーの原因はHTTPリソースの混在!?簡単な確認方法と修正方法。

HTTPS化にならない
スポンサードリンク

こんにちは!! てっち(@simplelike0112)です。

いつものようにブログ記事をリライトしていると・・・

1つのページだけHTTPS「保護された通信」になってませんでした。

「サイト全体はすでにHTTPS化してるのになんでやろ?」って思い調べてみました。

すると、HTTPリソース混在が原因だと判明しました。

今回の記事は、HTTPS化を妨げるHTTPリソース混在についてと、HTTPS化にならない場合の対処方法を解説します!

 

1.1つのページだけHTTPSになっていない

てっち
なんでこのページだけHTTPSにならないんやろ・・・

サイト全体をHTTPS化してから1年経ちますが、今まで問題なく運用できていました。

HTTPS化にならなかったページは、ボールペンだけじゃない!PILOTのこすると消えるフリクション。商品の多彩なラインナップまとめたよ!!です。

PILOTのフリクションペンの種類をまとめたページで、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングへのリンクをたくさん張ってます。

※現在はちゃんとHTTPS化されていますよ!!

HTTPSにならないページ

2.HTTPS化されているか確認する方法

HTTPS化されてるかの確認方法はアドレスバーを見ます。

僕はブラウザにGoogle Cromeを使っていて下記のような表示になります。

HTTPS化されていないときは「iマークが表示されます。

HTTPS化されないページ

 

「iマーク」をクリックしてみてください。

このサイトへの接続は完全には保護されていません“と表示されます。

HTTPS化されないページ

 

次に、HTTPS化されているときは「鍵マークと保護された通信」が表示されます。

こちらが正常ですね!!

HTTPS化されているページ

 

「鍵マークと保護された通信」をクリックしてみてください。

この接続は保護されています“と表示され、HTTPS化されているのが分かります!

HTTPS化されているページ
スポンサードリンク
 

3.HTTPS化されないエラー原因はHTTPリソース混在

HTTPS化されないときの原因はHTTPリソース混在です。

HTTPリソースとはページ内に読み込まれるJavaScriptやCSS、画像ファイルや各種ファイルなどのことを指します。

そのリソースのリンク先(アドレス)が「http://」になっていて、「https://」になってないからです。

このような状態のことを「HTTPリソースがページ内に混在している」といいます。

ブログでよく使われるのは、画像ファイルやアフィリエイトリンクなどのリソースでしょう。

その他にグーグルマップやユーチューブの埋め込みもリソースになります。

HTTPS化されているサイトだと、読み込まれるリソースのリンクを全てHTTPSにしなければなりません。

例えば、画像が読み込まれているページがあるとします。

その画像のコードを見るとリンク先が「src=”http://」とhttpに「s」が付いていないとHTTPリソース混在になります。

正常な場合「src=”https://」というふうに、httpに「s」が付いていますよ。

4.なぜ「https://」になってないのか?何が原因で?

リソースが原因ということが分かりました。

ではなぜリソースのリンクが「https://」になってないのでしょうか?

リソースが「http://」のままの原因

内部リンクが原因

  • HTTPS化する前に張り付けた内部リンク
  • HTTPS化するの画像ファイルのアドレス

ブログをはじめてすぐにHTTPS化した方は、内部リンクやアップロードして貼り付けた画像は問題なく「https://」になってます。

気にせずに大丈夫です!

しかし、HTTPS化にする前に長い間ブログしてた方は気を付けないといけません。

ページのどこかに「http://」のままのリンクが残っていて、エラーの原因となってるかもしれないからです。

リソースが「http://」のままの原因

外部リンクが原因

  • 外部のリソースを読み込んでいて、リンク先が「https://」になっていない
  • 張り付けているアフィリエイトサイトがHTTPS化されていない
  • アフィリエイトサイトがHTTPS化する前に張り付けたリンク

アフィリエイトをやっているブログでは、アフィリエイトサイトへのリンクも外部リソースにあたります。

アフィリエイトリンクを貼り付けた場合、リンク先(バナー用の画像のアドレスも含む)が全てが「https://」でないといけません。

コードをよく読んで確認しなければなりません。

以上のように内部リンクと外部リンクの2通りの原因があります。

2通りの原因から考えると、外部から読み込んでいるリソースがエラーの原因になってそうです。

外部から呼んでいる・・・

そう、アフィリエイト関連のリンクが怪しい感じがしてきました。

スポンサードリンク
 

5.HTTPS化されてないサイトへのリンクはエラーにならない

外部リンクがエラーの原因の1つでありますが、あくまでリソースに関してだけです。

HTTPS化されていない、サイトやブログへのリンクはエラーにはなりません。

参考のために、HTTPS化されていなサイトのリンクを張り付けました。

参考サイト

すべてHTTPS化されてませんが、このページはちゃんと「保護された通信」になってますね。

リソースに関してだけということを覚えておきましょう。

6.ページ内にあるリソースのリンク先を1つずつ確認する

ではさっそく、ページ内にHTTPリソースがあるか探してみましょう!

1つずつ確認する方法を紹介しますが、「確認箇所が多過ぎてやってられない」って方は、一気に確認する方法もあります。

次の見出しまでスキップしてくださいね。

HTTPリソースとはページ内に呼び込まれるJavaScriptやCSS、画像ファイルや各種ファイルなどのことでしたね。

ブログの場合、画像ファイルとアフィリエイトのリンクが主なリソースです。

6-1.内部リンクを確認する方法

内部リンクにマウスのポイントをあてると、リンク先アドレスがブラウザの左下に表示されます。

「https://」になっているか確認しましょう。

内部リンクアドレスの確認方法

6-2.画像ファイルのリンク先を確認する

写真や画像のコードは「img class= 」からはじまります。

画像ファイルのリンク先が「src=”https://」となっていますか?「s」が付いてたら大丈夫ですよ!!

画像ファイルのアドレス確認方法

6-3.外部リンクを確認する方法

外部リンク(ここではアフィリエイトサイトへのリンクのこと)を確認しましょう。

外部リンクにマウスのポイントをあてると、リンク先アドレスがブラウザの左下に表示されます。

「https://」になっているか確認しましょう。

外部リンクアドレスの確認方法

6-4.外部から読み込んでいる、画像ファイルを確認する

アフィリエイトリンクの画像は、すべて外部から読み込まれています。

アフィリエイトリンクのコードを見て「https://」となっているか確認しましょう。

カエレバを使っている場合、カエレバのコードすべてを確認します。下記画像は、カエレバのコード一部分だけです。

もし「http://」と「s」の付いてない箇所があればエラー要因となっているかもしれません。

アフィリエイトコードのアドレスを確認
スポンサードリンク
 

7.ページ内にあるリソースを一気に確認する方法

「ページにリンクあり過ぎて一つずつ確認できない」って方は、一気に確認する方法があります。

この方法は早くて確実ですよ!!

HTTP化されていない「iマーク」が表示されているページに行きます。

キーボードのファンクションキー「F12」キーを押しましょう。

HTTPリソースを探す方法

 

すると、ブラウザの画面が半分に割れて、左側にページ、右側にWeb開発に使う開発者(デベロッパー)ツールが表示されます。

開発者ツールのメニューから「Security」を探してクリックしましょう。

HTTPリソースを探す方法

 

するとResources – mixed content となっている。

直訳すると「リソース – 複合コンテンツ」で、HTTPリソースが混在していることを表しています。

“This page includes HTTP resources.”を訳すと、”このページにはHTTPリソースが含まれています。“になりますね。

“Reload the page”と書かれているので、ファンクションキー「F5」を押してページを再読み込みしましょう。

開発者ツールでHTTPリソースを探す

 

再読み込みが終わると、青文字で書かれたリンクが表示されます。

“View 1 request in Network Panel”をクリックしましょう。

開発者ツールでHTTPリソースを探す

 

一覧表が表示され、1つの画像ファイル(この場合jpegファイル)が出てきました。

画像ファイルをクリックしましょう。

開発者ツールでHTTPリソースを探す

 

プレビュー画面が表示され、画像ファイルのプレビューが出てきました。

この画像が、HTTPリソースなんですよ!!

※HTTPリソースがたくさんある場合は、全て表示されます。

開発者ツールでHTTPリソースを探す

 

さっそく、先ほどプレビューされた画像を探しましょう。

ありました!!

カエレバで使われているサムネイル画像です。

開発者ツールでHTTPリソースを探す

 

カエレバのコードを確認します。すると・・・

サムネイル画像のリンク先が「src=”http:」になっていて、「s」が付いていません!!

これが原因でページがHTTPS化されなかったんですね。

開発者ツールでHTTPリソースを探す

8.HTTPリソースを見つけたら修正しよう!

僕の場合は、カエレバのコードにHTTPリソースが混在していたのが原因でした。

再度商品をカエレバを使って、ブログパーツを作り直してみました。

すると・・・

新しく作り直されたサムネイル画像のリンク先コードはきちんと「src=”https//」となっていました。

コードを張り替えたら無事にHTTPS化されましたよ~!!

補足

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのサイトはHTTPS化されているので、エラーが見つかっても、ブログパーツを作り直して貼り替えれば解決します。

その他アフィリエイトリンクに関しては、アフィリエイトサイト自体がHTTPS化されていないと、作り直してもエラーが出てしまいます。

その時は、アフィリエイトサイトがHTTPS化されるまで待つしかないです。

これで作業は完了です!!

HTTPS化されているページ

開発者ツールの「Security」で確認してみましょう。

Resources – all served securely に変わっていますね。

正常にHTTPS化されている場合は、■が縦に3つ並びますよ~!

開発者ツールでHTTPS化されてるか確認する

まとめ

今回の記事は、1つのページだけHTTPS化されない場合の対処方法を解説しました。

これからますますサイト全体のHTTPS化が標準になっていくでしよう。

ブログ運営者にとっても気になるところですね。

大切なことは、HTTPS化するにはページ内に存在するリソースのリンクをすべて「https://」にすることです。

HTTPリソースとの混在はエラーになることを覚えておきましょう!!

 

次の記事>>>パソコンでスマホ表示を確認する方法!!Google Chromeブラウザで「F12キー」を押すだけ

スポンサードリンク
HTTPS化にならない

ABOUTこの記事をかいた人

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆