黒大豆を贅沢に使った「限定生産・黒豆豆腐」大阪府千早赤阪村の美味しすぎる豆腐です!

山の豆腐、黒豆豆腐
スポンサードリンク

こんにちは!! てっち(@simplelike0112)です。

お盆休みに入り家族で、大阪と奈良の県境にある金剛山に登山へ行きました

金剛山の麓にとても美味しい豆腐屋さん「山の豆腐」があります。

金剛山の銘水から作られる『山の豆腐』。大阪府唯一の村、千早赤阪村にあるよ!!で紹介しているので読んでみてね!

金剛登山の帰りに豆腐を買いに、山の豆腐へ行きました。すると、限定生産の「黒豆豆腐」を発見しました!!

今回の記事は、山の豆腐で限定生産「黒豆豆腐」が売ってたので買って帰ったお話です。

 

山の豆腐、限定生産『黒豆豆腐』があった

てっち
あっ!黒豆豆腐やんかぁ、限定生産やねんで、買お買お買お。初めて見たわ(^^♪
ママ
ほんまやなぁ~黒豆豆腐なんてあったんや知らんかった。美味しそうやね(^-^)

これがその黒豆豆腐です。黒豆が使われているので豆腐の色が黒っぽくなっています。

普通の絹ごし豆腐でも絶品なのに、黒豆豆腐ってどんだけ美味しいんやろか??

期待かなり大です!!

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』

 

普通の絹ごし豆腐と写真を比べて見ると色の違いが分かります。

上の写真が黒豆豆腐下の写真が普通の絹ごし豆腐ですよ。

黒豆豆腐の方がだいぶ黒っぽくなっていますね。

お値段は普通の絹ごし豆腐より少し高めの450円となっていますが、食べてみる価値大です。

金剛山千早赤阪村『絹ごし豆腐』
スポンサードリンク
 

山の豆腐・黒豆豆腐を開けてみた

それでは黒豆豆腐を開けてみましょう。

オープン!!

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』

 

黒い豆腐、これが正真正銘の黒豆豆腐です。

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』

 

手のひらにのせてこの大きさです。

縦約14cm×横約14cm×厚み約7cmの特大サイズで、スーパーで売っている豆腐二丁分以上ありますよ。

すごく重量感があり、豆腐もこしが強く弾力があり崩れません!!

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』
スポンサードリンク
 

山の豆腐・黒豆豆腐を切ってみた

手のひらにのせたまま、包丁で真っ二つに切ります。

スーッと包丁が入っても崩れない、ここでも弾力感をめちゃめちゃ感じます。

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』

 

これで半丁です。マジで大きい(^^♪

我が家は子供が2人いるので小さいの2つ大きいの2つに分けて切りましたよ~。

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』

 

切った豆腐を指でつかんでみました。

すっごくプニプニしていますよ~美味しそうです!!

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』
スポンサードリンク
 

山の豆腐・黒豆豆腐を食べてみた

黒豆豆腐を口の中に入れるととろけるような食感が味わえます。

普通の絹ごし豆腐と違うところは、黒豆の甘さがとても濃厚なところです。

大げさじゃなく、醤油なしでそのまま食べても美味しいですよ~。

黒豆の甘さ、ほどよい塩加減、プニプニした感覚、とろけるような食感。

全てを味わえる、これぞ最高の豆腐に『黒豆豆腐』です。

キンキン冷やしておくと、冷たさがより一層美味しさを引き立てますよ~。

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』

 

数滴だけ醤油をかけて食べてみました。

あまり醤油をかけすぎると、黒豆の味が負けてしまうので少しだけかけるのをおすすめします!

それくらい、黒豆の甘みが付いていますよ。

黒豆の味を楽しむなら、ネギもいらないと思います、好みでネギふってくださいね。

黒豆豆腐とお茶だけで3時のおやつもいけるくらい気に入りました(^^♪

補足

通は塩をかけて食べるみたいです。次黒豆豆腐を買うことができれば試してみたいと思います。

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』

ビールのおつまみに黒豆豆腐

ビールのおつまみにも相性バツグンです!!

キンキンに冷えたビール、キンキンに冷えた黒豆豆腐冷奴、今年の夏の最高コンビです。

キンキンに冷えたビールを楽しむならサーモスタンブラーがおすすめですよ(^^♪

金剛山千早赤阪村『黒豆豆腐』
スポンサードリンク
 

山の豆腐へのアクセス

山の豆腐へのアクセスはバスか車になります。

バスの場合

  • 南海河内長野駅から金剛山ロープウェイ前行きに乗り金剛登山口で下車
  • 近鉄富田林駅から千早ロープウェイ前行きに乗り金剛登山口で下車
車の場合

車の場合はカーナビで案内してもらい、山の豆腐前までくると登山客用の駐車場があります。

駐車料金は『山の豆腐』へ行くお客様は駐車料金が10分間無料となりますので利用してくださいね。

車の場合は、カーナビで案内してもらい、山の豆腐前まで行けますが、駐車場がありません。

登山客用の駐車場があります。が、ここに駐車すると料金が掛かってしまいます。

2人いる場合は前に駐車して1人がさっさと買いに行けますが、1人は料金を払って駐車した方が良いでしょう。

補足訂正(2017年11月03日)

はじめは駐車料金がかかると書いていましたが、後日確認してみると『山の豆腐』へ行くお客様は駐車料金が10分間無料となります。

「山の豆腐前」に駐車場があるので、路上駐車気にせずに買い物できますよ~!!

山の豆腐

山の豆腐の場所と地図

  • 住所:〒585-0051 大阪府南河内郡千早赤阪村千早950
  • 電話番号:0721-74-0015
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:年末年始
  • 駐車場:あり

公式サイト:創業安永六年 金剛山山の豆腐

お豆腐は買えませんが、オンラインショップもありますよ。

オンラインショップ:創業安永六年 金剛山 山の豆腐 :通信販売

山の豆腐前には豆腐料理が楽しめるお店、金剛山麓まつまさもあります。

公式サイト:金剛山麓まつまさ

まとめ

今回の記事は、山の豆腐限定生産品・黒豆豆腐を紹介しました。

限定生産なので、どうしても買いたい場合は前もって電話で聞いてみるのをおすすめします。

黒豆豆腐は予想以上の美味しさで絶品でしたよ(^^♪

「山の豆腐」絹ごし豆腐木綿豆腐もとても美味しいので食べてみてくださいね。

山の豆腐についてと、美味しい絹ごし豆腐については次の記事を読んでね(^^)/

次の記事>>>金剛山の銘水から作られる「山の豆腐」。大阪府唯一の村、千早赤阪村にあるよ!!

 

カテゴリー一覧:グルメ&スイーツ

スポンサードリンク
山の豆腐、黒豆豆腐

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆