車(カーナビ)とスマホを簡単に接続する方法!!AUX端子にケーブルかBluetoothレシーバーで接続

カーナビとスマホをAUX端子で接続する
スポンサードリンク

こんにちは!! てっち(@simplelike0112)です。

この記事では、カーナビ・オーディオ(Bluetooth機能無し)とスマホを安く簡単に手っ取り早く接続する方法を2通り紹介するよ。

最近はスマホの性能が上がり音楽や映画・アニメなどの動画、ナビゲーションがとてもスムーズに使えますね。

そうなってくると、車でもスマホの音楽・動画・ナビゲーションを使いたくなってきます。

「でも、カーナビ・カーオーディオとスマホの接続方法が分からないわ」って方もいるでしょう。

カーナビ・オーディオにBluetooth機能が付いてれば、スマホとペアリングすればダイレクトに接続できるので、この記事では割愛します。

問題がありありなのは、カーナビ・カーオーディオにBluetooth機能が付いていないとき。

そのような場合でも大丈夫!! 接続できます!!

では、僕が実際にやってる超簡単な接続方法を紹介しますね(^^)/

 

1.カーナビ(オーディオ)とスマホを接続するメリット

てっち
車のスピーカーを使えるようになるのが最大のメリット!!

車内でスマホを使う場合、カーナビ・カーオーディオと接続するのが1番好ましいです。

メリット

  • 電話をハンズフリーで使える
  • 車のスピーカーから音楽が流れる
  • 車のスピーカーから動画の音声が流れる
  • 車のスピーカーからナビゲーションの案内が流れる

1-1.ハンズフリーで電話できる

電話しながら車を運転してると完全に道路交通法違反になるので、ハンズフリーで使えるメリットは最高ですよ。

僕も運転中に電話かかってきても気兼ねなく話せるようになりました。

ただし、車のスピーカーから電話相手の声が聞こえるので、同乗者に聞かれてしまうデメリットが・・・。

そんな状況になったら「電話を取らずに後で電話する」などの方法を取って下さいね!

1-2.車のスピーカでネットコンテンツを楽しめる

電話以外のメリットは、車のスピーカーを使ってインターネット上のコンテンツを思う存分楽しめること。

Voicyやradiko(ラジコ)などの音声コンテンツを車で聴くことができますし・・・

Amazon MUSICAmazon プライムビデオで音楽や映画・アニメ・テレビを車で楽しむことができますよ!

2.スマホだけじゃなくタブレットを接続してもOK!!

てっち
タブレットをつなぐとミュージックBOXやビデオBOX替わりになるので最高です!!タブレット持っている方はぜひ!

スマホと接続できるので、もちろんタブレットとも接続できます。

タブレットの1番の特徴は画面サイズががスマホより大きいこと。

7インチ、8インチHD、10.5インチHDなどの大きな画面でインターネット上のコンテンツを楽しめます。

「車はWi-Fi環境ちゃうで~インターネットに接続できないから意味ないやん」って思われるかも知れませんね。

Amazonの音楽、映画コンテンツなら問題無しです。

Amazon MUSIC音楽をスマホやタブレットにダウンロードして使えます。

Amazon プライムビデオ映画やアニメ・テレビドラマなどを25本までダウンロードできます。

ダウンロードを自宅などのWi-Fi環境でやっておけば、車の中で思いっきりコンテンツを楽しめます。

ドライブや旅行、子供連れでおでかけなどなど、タブレットが自宅以外で本領発揮しちゃいますよ~。

スポンサードリンク
 

3.カーナビ・カーオーディオのAUX端子とステレオミニプラグ

てっち
まず、AUX端子というものを探しましょう。

この記事で伝えたいことは、安く簡単に手っ取り早く接続するでしたね。

  1. 安く=コストは最小限
  2. 簡単に=誰でもできる
  3. 手っ取り早く=すぐに

これから2通りの方法を紹介しますが、両方とも「ステレオミニプラグ 3.5mm 」と言うオーディオケーブルを使います。

カーナビ・カーオーディオにステレオミニプラグ 3.5mmを使い有線で音声信号を伝えるので、ケーブルの差込口が必要となります。

その差込口のことを「AUX端子」と呼んでいます。

AUX端子を使わず「FMトランスミッター」という製品でワイヤレス接続する方法もあります!!

3-1.ステレオミニプラグ3.5mm オーディオケーブル

ステレオミニプラグ3.5mm オーディオケーブル

必要になってくるのが「ステレオミニプラグ 3.5mm オーディオケーブル」です。(AUXケーブルともいう)

僕は、上記写真のような安いタイプを買って使ってたけど、プラグの根元が弱く断線して何度か買い換えてます。

スマホを操作するとき、意外にケーブルが動くので耐久性が良さそうで、できるだけ根元が強そうなものを選ぶ方が無難。

長さは1mで十分で長くなりすぎると邪魔になりますよ。

もし後部座席でもスマホを操作したいなら、2m~3m程度のケーブルの方が余裕ができますけどね。

ナイロンジャケットとアルミニウム加工のケーブルは超耐久で曲げ損傷が防止され、もつれもありません。

と書かれている下記商品なんか良さそうです。

3-1.カーナビ・カーオーディオのAUX端子

僕の車はカーナビではなく、カーオーディオが付いています。

「今どきカーナビじゃないんですか?」って思われるかも知れませんね~めずらしいです。

車買って約10年になるけど買うときに夫婦で「ナビ必要ないか」って結論に至りオーディオを選択。

そして時が流れスマホが大進化!! 今ではスマホがカーナビ替わりになっています。

シンプルなカーオーディオで、操作パネル前面にステレオミニプラグ 3.5mm(イヤホンジャックと同じ形状)を差込める端子があります。

これがAUX端子です。

カーオーディオのAUX端子

AUX端子の位置は、カーナビ・カーオーディオの取扱説明書に必ず書いてあるので確認して下さい。

主なAUX端子がある箇所は、下記の3か所です。参考に!!

AUX端子のある場所

  • カーオーディオの操作パネル前面
  • 運転席と助手席の間にあるコンソールボックス(操作盤)の中
  • 助手席の前にあるグローブボックス(ふた付き収納)の中

4.スマホのイヤホンジャックとLightningコネクタ

てっち
スマホにステレオミニプラグ3.5mmが接続できるか調べよう

カーナビ・カーオーディオ側はAUX端子が必要です、スマホ側はイヤホンジャックが必要です。

4-1.スマホのイヤホンジャック

ステレオミニプラグ 3.5mmはスマホのイヤホンジャックに差し込みます。

スマホやタブレットにイヤホンジャックが付いているか確認しましょう。

イヤホンで音楽を聴くときに、イヤホンケーブルを差し込む端子のことですよ~。

スマートフォンのイヤホンジャック

4-2.スマホのLightningコネクタ

iPhoneを使っている方はiPhone7以降イヤホンジャックが廃止されてLightningコネクタに替わっています。

イヤホンジャックが無い・・・

そんな方は、Lightningコネクタをステレオミニプラグ 3.5mmに変換するアダプタを使えば大丈夫です。

Apple純正品が信頼性もありおすすめです。iPadは今のところイヤホンジャックが付いていますよ。

スポンサードリンク
 

5.【方法1】AUX端子にケーブルでスマホと直接接続

てっち
次は【方法1】の接続作業についての説明だよ
用意するもの

  • 接続するスマートフォンかタブレット
  • ステレオミニプラグ3.5mm オーディオケーブル
  • iPhone7以降の機種の方はLightning – ステレオミニプラグ3.5mm変換アダプタ

カーナビ・カーオーディオのAUX端子にステレオミニプラグ3.5mmオーディオケーブルを差し込みます。

AUX端子にケーブルでスマホと直接接続する

 

次に、スマホのイヤホンジャックにステレオミニプラグ3.5mmオーディオケーブルを差し込みます。

Lightningコネクタの方は、Lightning – ステレオミニプラグ3.5mm変換アダプターを使って接続してね。

AUX端子にケーブルでスマホと直接接続する

 

カーナビ・カーオーディオをAUX入力に切り替えましょう。

切り替え方法は、カーナビ・カーオーディオの取り扱い説明書で確認してね。

AUX端子にケーブルでスマホと直接接続する

 

これで接続が完了しました!!

AUX端子にケーブルでスマホと直接接続する

これで、Amazon MUSICAmazon プライムビデオで音楽や映画・アニメ・テレビを車で楽しむことができるようになりました!!

5-1.【方法1】のメリット・デメリット

メリット
  • 簡単に導入できる
  • 低コストで導入できる
デメリット
  • 車に乗り降りするときケーブルの抜き差しが必要
  • スマホを操作するときケーブルが邪魔
  • ケーブルの接触不良や断線が起きる場合がある
  • 後付け感があり見栄えが悪い

AUX端子を使わず「FMトランスミッター」という製品でワイヤレス接続する方法もあります!!

6.【方法2】AUX端子にBluetoothレシーバーを接続しワイヤレス接続

てっち
次は【方法2】の接続作業についての説明だよ

方法2はBluetoothレシーバーを持っている方におすすめの方法です。

6-1.Bluetoothレシーバーとは?

Bluetoothレシーバーとは、Bluetoothに対応してない普通のイヤホンをつないでワイヤレスで使えるようにするものです。

スマホとイヤホンをワイヤレスで接続できるので、スマホを操作するとき邪魔にならず、歩いて出かけるときに重宝しています。

Bluetoothレシーバーを使ってスマホとイヤホンを接続する

 

僕が使っているBluetoothレシーバーはこれ。バッグや服に取り付けれるようにクリップが付きです。

Bluetooth4.0に準拠した新製品が発売されていました。

6-2.【方法2】の接続方法

用意するもの

  • 接続するスマートフォンかタブレット
  • ステレオミニプラグ3.5mm オーディオケーブル
  • Bluetoothレシーバー

※スマートフォン・タブレットにBluetooth機能が付いてないと接続不可

カーナビ・カーオーディオのAUX端子にステレオミニプラグ3.5mmオーディオケーブルを差し込みます。(これはさっきと一緒です)

AUX端子にケーブルでスマホと直接接続する

 

次に、Bluetoothレシーバーのイヤホンジャックにステレオミニプラグ3.5mmオーディオケーブルを差し込みます。

Bluetoothレシーバーを使ってワイヤレスで接続する

 

カーナビ・カーオーディオをAUX入力に切り替えましょう。

切り替え方法は、カーナビ・カーオーディオの取り扱い説明書で確認してね。

AUX端子にケーブルでスマホと直接接続する

 

Bluetoothレシーバーとスマートフォンをペアリングすれば接続完了です!!

ワイヤレスなのでケーブルが邪魔になりませんよ~ちょっと進化しました。2列目・3列目からでも余裕で操作できますよ。

Bluetoothレシーバーを使ってワイヤレスで接続する

これで、Amazon MUSICAmazon プライムビデオで音楽や映画・アニメ・テレビを車で楽しむことができるようになりました!!

6-3.【方法2】のメリット・デメリット

メリット
  • スマホが完全にワイヤレスになる
  • スマホをダッシュボードに置かなくていい
  • 2列目・3列目でもストレスなく操作できる
  • Bluetoothレシーバーを普段から使ってる方は買わずに使える
デメリット
  • Bluetoothレシーバーの充電が必要
  • 充電のため家に持ち帰る必要あり
  • 後付け感があるが【方法1】より見栄えが良い
  • 【方法1】よりBluetoothレシーバーの分少しだけコストアップ

Bluetoothレシーバーの最大のデメリットは充電ですね。こまめに充電してあげないと電池切れになってしまう・・・

Bluetoothレシーバーを充電する

充電するの忘れていて電池切れになったら【方法1】に切り替えて使って下さいね。

【方法1】はケーブルさえあればできる万能選手だ!!

この記事の、5.【方法1】AUX端子にケーブルでスマホと直接接続を参考に!!

Bluetoothレシーバーを使わず「FMトランスミッター」という製品でワイヤレス接続する方法もあります!!

6-4.こんなBluetoothレシーバーもあるよ

車専用で使うならクリップ無しのBluetoothレシーバーがおすすめです。

AUX端子にそのまま差込めるので、ステレオミニプラグ3.5mmオーディオケーブル無しで使えます。

ただし充電しなければならないのは同じで、電池切れになったとき接続できないのでケーブルは予備で用意するのをおすすめします。

 

このBluetoothレシーバーは、ステレオミニプラグ3.5mm オス-オス変換アダプタが付いています。

オス-オス変換アダプタを差込口から抜けばイヤホンを取り付けることもできます。もちろんステレオミニプラグ3.5mmオーディオケーブルも。

オス-オス変換アダプタだけも売っていますよ!!

スポンサードリンク
 

まとめ

この記事では、カーナビ・オーディオ(Bluetooth機能無し)とスマホを安く簡単に手っ取り早く接続する方法を2通り紹介しました。

新しいカーナビやカーオーディオはBluetooth機能が搭載されているものが多い!! 人が使っているのを見るとうらやましく思ってしまいますね。

Bluetoothバージョン4.0はビデオストリーミングも対応しています。近い将来、Amazon プライムビデオの映画・アニメ・テレビをカーナビで見れる日がくるかも知れません。

技術の進歩は早いですが、まだまだBluetooth機能が搭載されてないカーナビ・カーオーディオで頑張っている方も多いと思います。

少しでも車内の環境が良くなればと思いこの記事を書きました。参考になれば幸いです!

 

AUX端子やBluetoothレシーバーを使わずに「FMトランスミッター」を使ってカーナビ・オーディオへ接続する方法もあります。ちょっと進化してます!!

次の記事>>>車でスマホの音楽を聴く方法!!JAPAN AVE.のFMトランスミッターにBluetooth接続がおすすめ

スポンサードリンク
カーナビとスマホをAUX端子で接続する

ABOUTこの記事をかいた人

マイペースブロガー/妻と娘と息子の4人家族/大阪府在住/雑記ブログ「シンプルに好きなこと。」運営/嫌いな言葉:忙しい/お金よりも時間が大切/買ったもの・子育て・生活スタイル・お出かけ・趣味(DIY・家庭菜園)・グルメ&スイーツ・働き方・ブログ運営の情報発信中!!/このブログが事典のようになることを夢に見ている☆